神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

T君

先日、高校時代からの友人が設計をした住宅を見学させてもらった。彼はまだ独立をしているわけではないのだが、所属している事務所で仕事を任され、バリバリ設計をやっている。事務所のスタイルにもよるのだろうが、彼の所属する事務所のようにスタッフに仕事を任せ、事務所内独立とでも言うのだろうかスタイルで仕事をしている事務所はおそらく活気があって雰囲気もいいのだろう。彼の創った住宅を見ていてそれが伝わってきた。初めてすべてを任された物件ということもあって、いろいろ難しい部分もあったのではないかと想像ができる箇所がいくつかあった。所属している事務所の所長のスタイルとは又違った自分のスタイルをどのように出すのかとか、予算との兼ね合いで断念せざるを得なかったアイデアもいくつかあるのだろう。とにかく彼が格闘した苦労の結晶・かけがえのない一粒種が今誕生したのだ。私が見学をしている最中の、彼の不安そう?でもあり、やり遂げた充実感漂う表情が印象的だった。正直感動した。住宅の出来どうこうよりも、自分と同年、高校時代・大学時代をともにすごした友人が作品をつくり上げたそのことに素直に感動を覚えた。近いうちに彼も独立することになるのだと思うが、近くにこのような刺激を与えてくれる友人がいることを素直に感謝した週末であった。
P.S その友人T君へ また今度批評しあいましょう。それまで感想は秘密にしときます。
仲間いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -