神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

器・・・

夏ごろ依頼していた木の器がやっとこさ手元に来ました。

木の器の製作を依頼するきっかけになったのは「大府の家」の木材検査で、松阪のプレカット工場へ行った時、置かれていた欅の端材をもらってきたことでした。

もらってきたのはいいものの、どうしたものかと思案していたところ、アカデミーの工房には旋盤があり、ものづくり研究会の学生は旋盤で器を製作できるのを思い出しました。早速アカデミーに連絡し、器の製作を依頼するならどの学生がいいかをリサーチ。そこで推薦された学生に依頼することになりました。

これから紹介する写真は全てその学生、ものづくり研究会 猿谷さんが製作してくれたものです。




これは私が支給した欅で作っていただいた茶碗。漆を塗ってくれました。欅は匂いがつよく、温かいものをいれると匂いがさらに強くなって、食べ物の匂いを邪魔してしまうといけないので、猿谷さんが機転を利かせて塗装してくれました。木目も生きていて、素敵です。子供用に少し小さめにしていただきました。
欅で出来たのは実はこれだけ。端材には割れが入っていて、うまく木取りが出来なかったようです。





こちらはキハダという木でつくられたサラダボウル。これも漆が塗ってあります。果物トレイとしてつかってもいいですね。



これはカバで作っていただいたシチュー皿。木の塊をくり抜いたような形がよくてオーダーしました。持ってみると器の重さ、厚味が手に感じられ、とてもうれしくなる器に仕上がりました。こちらの塗装はオイルフィニッシュ。
こういった厚味のある木の器は集製材で作られているものが多いのですが、無垢の木の塊から削りだされたこの器には集製材にはない質感・存在感があります。

そして次の写真は猿谷さんには載せないでといわれたのですが、お気に入りなので載せちゃいます。



右はシチュー皿の製作の為に試作してくれたものをいただいてきました。こちらの方がエッジがきいています。これも好きです。
左はトレー?といったらいいのでしょうか。打合せの時に置いてあり、気に入ったので無理を言っていただいてきました。二つとも未塗装なので、オイルを塗ろうと思います。

今回手元に来たのは合計8皿。依頼してからずいぶん時間が経ちましたが、待った分満足感は高いものになりました。
量産品を買った時にはない満足感です。これらの器は世界にひとつだけしかなく、しかも私の為だけに製作していただいたものです。これ以上の贅沢はないでしょう。

猿谷さんありがとうございました。


世界にひとつだけのもの。私の設計している木の家も、住まい手の為だけのオンリーワンの木の家です。
器と家では大きさ、用途は違いますがオンリーワンだという点、ゼロから創り上げるという点では全く一緒です。今回私が感じたような満足感を住まい手に感じてもらえるように、一つ一つ大切に設計をしていきたいと深く思いました。
森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | - | - | -

めでたい・・・

11日に美濃の森林文化アカデミーにて、木造建築スタジオの三澤文子教授の日本建築学会賞教育賞受賞祝賀会があり、私も参加してきました。
当日は80人以上の参会者がおり、OBも多数出席していました。卒業以来会っていなかった先輩や後輩、あるいは在学中にお世話になった関係者の方々などに久しぶりに会え、話ができ楽しかったです。




歴代6作のパネルです。


祝賀会の後は、受賞理由になった自力建設の物件を巡るツアーが催されました。竣工している物件は全部で6件。3つのコースに別れ、それぞれ2件ずつ巡ることとなりました。私が素人棟梁をした「みさきのちゃや」は第一作目の「森の中の四寸傘」と同じコース。
「四寸傘」は山の中腹にあるので、皆汗ダクになりながら、およそ5,6分のトレッキングです。


全てはここから始まりました。


その後「みさきのちゃや」まで下山をし、説明をしてから長良川沿いの緑風荘へ。



みんなで談笑しながら食事をし、お開きとなりました。
スタジオOBはその後アカデミーのコテージへ移動し、夜遅くまでワイワイやりました。

今アカデミーでは7期生がお盆休み返上で基礎工事をしています。今後この自力建設がどのような形で継続されていくのか楽しみです。
森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | - | - | -

07年度自力建設講評会

先週の木曜日に森林文化アカデミーで「07年度自力建設講評会」が行われ、私も審査員として参加してきました。
今年度の課題は「ネイチャートレイル+連結施設」。
ネイチャートレイル?なんじゃそりゃ??
と思われる方も多いはず。例に漏れず私も当日説明を聞くまでチンプンカンプンでした(説明を聞いた今も半分以上「?」ですが)。簡単にいうと自然観察路とでもいうのでしょうか。RoadではなくTrailであるところに意味があるようです。

審査会場には学生、教員、中津川から木匠塾の塾生が熱心にそれぞれの学生のプレゼンを聞いていました。



今年は聴講している学生から、的確な質問がでてきたのが印象的でした。
今日が投票の締め切りなので、私も急いで講評を書いて投票をしました。この講評を書くのが大変なんですよね。書かないで投票だけすれば気楽なんですが、3期生に対して講評を書いてしまったので、いまさらやめるわけにもいかず・・・ウンウン苦しみながら書き上げました。
これから1案が選ばれ、実施設計を行い、来年の5月の開学記念日の竣工式に向けて自力建設がスタートします。今回の課題はアカデミーの各研究室が全て参加しながらつくりあげていく形になるのでとても楽しみです。

会場にはこんなものも展示してありました。



学生はプレッシャーですかね。学会賞を受賞してからの初めての自力建設ですので・・・。


休憩中に会場の外に出たらヤマボウシが満開でした。



うちのヤマボウシはいつ満開の花をさかせてくれるのでしょうか。この樹をみて、その日を待ちわびてしまいます。うちのヤマボウシの花はもう果実のみになってしまっているのに、美濃は満開ですね。気候の違いを感じます。


さてどの案になるのでしょうか。楽しみです。
7期生のみなさん、頑張ってください。期待しています。
森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | - | - | -

自力の季節です

今年もこの季節がやってまいりました。6月といえばジメジメシトシトがうっとおしい梅雨の季節ですが、その一方で熱い熱い自力建設の季節でもあります。

今年のアカデミー木造建築スタジオの新入生は3人。開学以来の少人数であります。スタジオ専属の教員の数が4人だから・・・。恵まれてますね。

今年度の自力建設のテーマは「ネイチャートレイル+連結施設」。
「ネイチャートレイル」=自然の小道だそうですが、コレだけでは正直なんのこっちゃわかりません。ですが昨年までの「建物」を提案するものではなく、もっと広い意味での「場」を提案するものになりそうです。

アカデミーには設計者である建築家 北川原温さんの置き土産?である「フォーリー」なるものが、敷地内のいろんなことろに配されています。今回のテーマはこの「フォーリー」を巻き込んだものになっているので、学生がどのような提案をしてくれるのか楽しみです。

講評会は6月7日。
私も審査員として(エッヘン!2代目素人棟梁ですから)講評会に出席します。


7期生よ、私に刺激を与えておくんなまし!
森林文化アカデミー | permalink | comments(2) | - | - | -

自立循環型住宅設計講習会

今週末の17日に岐阜県立森林文化アカデミーにて「自立循環型住宅設計講習会」があります。

事前予約制なので、もう空いてないかもしれませんが、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。
講師はお世話になっている「住まいと環境社」の野池さんです。

私は参加します。
ちなみに当日は受付担当です。

寒くないといいな〜。
森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | - | - | -

ウッドマイルズ

週末土日2日間はウッドマイルズ算出技術者講習会の為、岐阜へ行って来ました。なかなか面白かったです。受講者の方々は遠く北は北海道から南は熊本まで、全国各地から来てらっしゃいました。

ウッドマイルズ研究会の事務局長の滝口さんはアカデミーの1期生。卒業時の課題研究でウッドマイルズについて研究結果を発表されていました。ですので私はその当時からウッドマイルズについては知っていたのですが、昨日まで研究会には属していませんでした。

今回講習会を受講するにあたって、研究会会員になり、算定技術者の認定もしていただきました。さっそく今計画中の物件からウッドマイレージを算出してみようと思います。結果は来年の夏には報告できると思います。(なにせまだ計画中なもので)

出席者に愛知・岐阜の人がいなかったのが残念でした。それに設計事務所が1人もいなかったことも。ウッドマイルズの認知度の問題はあるにせよ、設計事務所の人達の意識はまだ低いのかな〜。


ウッドマイルズって何?って少しでも思った方はウッドマイルズ研究会ホームページへ →こちら

森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ウッドマイルズ算出技術者講習会

11/25〜26の両日、岐阜県立森林文化アカデミーにて「ウッドマイルズ算出技術者講習会2006」が行われます。

まだ空きがあるようなので興味のある方は是非参加してみて下さい。
詳しくは→

ウッドマイルズってなんぞや?と思ったあなたもこちらへ


25日の夜は交流会もあるよ。
森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

苗木ゲット

先週末、友人の担当した古民家の改修現場を見させていただけることになったので美濃へ行って来ました。美濃へ到着して行き着けのお店でランチをしていると友人からTEL。
「今からランチに行くから2時ぐらいを目途に来て。」

・・・時間ができてしまいました。

お店にアカデミーの学園祭のポスターがはってあり、そこに「来場者に苗木進呈」の文字。
というわけで行って来ました。苗木をもらいに。
この日(土曜日)はあいにくの雨ということもあり、来場者はチラホラ程度。お陰で苗木はたくさんありました♪
(本来は1人に1本)
アカデミー卒業生というコネを最大限に発揮して4種類全部いただいてきました。



左からヤマボウシ、マユミ、エゴノキ、ムラサキシキブ。
本当は地植えしてやる樹達なのですがスタジオにはそんなスペースはないので、本日鉢植えにしました。



こちらは昨年に塩田造園さんにいただいた紅葉達。新入りを鉢植えにするついでに大きな鉢に植え替えました。ヤマモミジ(左)は葉っぱが紅葉する前に全部落ちてしまいましたが、ちゃんと生きているようです。季節はずれなのに新しい芽を芽吹きそうな勢いです。フカギレオオモミジ(右)は葉が出てきてもすぐに葉先が枯れてしまいます。親父曰く「公害だ。」そうです。はて?

植え替えの時に親父が「バコバコ」と根っこの辺りの土を勢いよく落としていたのでちょっと不安になりました。弱ってないかな?
私は性格上思い切ったことが出来ないので思い切られると不安になります。枯れたら悲しいですしね。
うちの親父は農家の息子らしく土いじりが好きなので、その辺りは大丈夫なのでしょうが・・・


樹の種類も増えデッキがにぎやかになりました。来年の春が楽しみです。
森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

さすがに疲れた

昨日は岐阜県美濃市の森林文化アカデミーにて短期技術研修「木造住宅の耐震について」を受講。朝9:30〜夕16:30までの長丁場。
途中ちょっと失礼して関市の美容室で3ヶ月ぶりの散髪。

講義終了後はNPO法人WOOD ACへ行き友人達と夕食。お店の人にカプサイシンダイエットを勧められる(内一人はご購入♪)。

気づけば時計の針は21:00。
お店を後にしてWOOD ACの事務所へ戻り、お話をしてたら時計の針は23:00。
さすがに次の日に響くのでこれにて退散。

久々にゆっくり友人達と話しました。満足満足。

今回は初めて美濃までの往復に東海環状道を使用。早い!いつもの半分以下の時間で到着してしまう。高速はすげ〜な〜。・・・でも退屈や。今回は友人とのワリカンだから使用したが、一人で行くときにはおそらくこれからも使わないだろう。しかし走行している車の少ないこと。贅沢な道です。


頻繁に皆と話が出来る場があるといいな〜。いつも一人で寂しいもんな〜。みんなは迷惑かもしれんが・・・


美濃の夜は少し冷えました。これからどんどん寒くなりそうです。風邪などひきませぬように。
森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

明日は久々の美濃

明日は久々に美濃へ行きます。アカデミーで行われる短期技術研修という一般向けのプログラムに参加するためです。
今回のテーマは「木造建築の耐震について」。

耐震改修は経験していますが、いろんな意味で大変でし疑問もあります。構造の講義は正直苦手なのですが、実務には重要なことなので頑張って早起きして行ってきます。

久しぶりに友人達にも会えるので楽しみです。


先週末から風邪をひいてしまってちょっと大変でしたが、なんとか復活しました(奥様にうつしてしまったようなのでとても責任を感じているのですが)。私の風邪は「喉から派」なので苦痛を伴うのです。今回の奴は症状的に軽いものだったのでよかったけど、これから気をつけないと。

風邪予防も兼ねて今シーズンは加湿器を導入しようと思います。
デザインの優れているものがいいんだけど・・・±0かな?でも除菌機能があったほうがいいのかな〜?
悩みます。
森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -