神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 「菰野の家」 1stプレゼンをさせていただきました。 | main | 「東広瀬の家」完成見学会 >>

キッチン設置@東広瀬の家

連日の雨模様の中、昨日は運よく雨が上がりました。そんなタイミングで「東広瀬の家」にキッチンの搬入&設置です。

 

キッチンの製作、設置はいつものように大阪のoguma。

O社長と、ブーちゃんことK君が設置に来てくれました。(いつものように集合時刻に遅れてきたのは内緒です)

そして午後からは岐阜支社長のG-MA氏も助っ人に。

1階の土間空間にオリジナルキッチンを微調整しながら設置していきます。
巨大なL型のSUS天板。なんとかギリギリ入りました。
O社長とブーちゃんがキッチンを設置している中、G-MAと私で食堂の照明器具を設置。
(なぜか縦画像が挿入できなくなっているので設置後の写真が挿入できません(汗))
途中、住まい手も視察に訪れましたが、なんとか大きな問題もなく1日目の作業完了。
私は行けていませんが、今日も朝からogumaが残りの作業をしてくれているはずです。
これでキッチンが設置できましたので、いよいよ完了検査を受けて引き渡しへ向けて作業を進めていきます。
おまけ:
ogumaがいつものように遅れてきたので、その時間を使っておもちゃで遊んでみました。
iPhone用のコンバージョンレンズAUKEY PL-WD03です。
Facebookで皆さんが盛り上がっていたので試しに購入してみました。(値段もお手頃でしたし)
私のiPhoneはAppleの黒歴史(笑)である5cなので正直装着感はあまりよろしくありません。躯体の角が丸くなっているのでクリップがうまく挟まらないのが原因かと思います。それを補うために市販のカバーを付けた状態でレンズをクリップにて装着しているのですが、そうするとiPhone本体のレンズとWD-03との間に隙間ができます。その隙間が原因だと思われるのですが、画角の一部にケラレとピンとずれが生じます(写真の左側と右下ですね)。それさえなければ大変使えるおもちゃだとおもいました。ますますコンデジを現場にもっていく頻度が減りそうです。
(試しにFLIR用もっていった5で撮影した場合はうまく取れました。5は躯体がフラットなので、レンズがちゃんと隙間なくくっつきます)6や6Sを使っている方はレンズが装着できるiPhone本体カバーが付属しているのでそちらを使えば隙間なくレンズが装着できるので問題ないかと思います。6欲しくなりますね・・・庶民にゃ手が出ない高値の花ですが・・・
本編より内容の濃い記事になりそうなので、おもちゃの話はこれぐらいで。
東広瀬の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック