神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 環境家計簿@沢渡の家 | main | カラスノエンドウ >>

苦戦中@鳥山のリノベ

「東広瀬の家」の地鎮祭も終わり、「加木屋の家」の地鎮祭も間近に迫ってきました。
というわけではないですが、デスクワークの主役は「鳥山のリノベ」の実施設計に移っています。

久々のフルリノベーションですが、リノベならではの難しさと言いますか・・・
図面を描くにあたって、当然残す柱、撤去する柱の選別や、納まりの調整をしていかなくてはいけません。新築の場合は柱の径は揃えることができますし、下地や造作材も思いのままの寸法で計画できますが、リノベーションの場合はそうはいきません。
柱の大きさは1本1本違いますし、2階床梁のことも考えながら新規の柱を落し込んでいかなくてはいけません。当然壁のラインは揃えつつ・・・



となると柱の面に下地調整材が必要になるのですが、その寸法も場所によって違うわけで・・・
そもそも大壁で隠してしまった方がいいのか、真壁で既存の柱を現した方がいいのか・・・現しにできる状態の材なのか云々カンヌンと考えてしまって線が進みません。
CADというコンマゼロ何ミリという世界まで描くことができるツールを使っているというのがこの悩みの元凶なのか、はたまた性格なのか、悩みは尽きませんが、地道に一か所ずつ納めていきます。

これだけ悩んで図面を描いても、現場に入ると職人さんに事もなげにひっくり返されるというのも日常茶飯事のリノベーション。この沼は深いです。
鳥山のリノベ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック