神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 図面あ〜ぷ!@東広瀬の家 | main | 久々のstone works >>

障子貼り

入居してからずっと懸案事項だった小上がり下の格子戸の障子貼りを行いました。

小上がり下でFLに建具があるので埃の侵入がひどく、住まい手からクレーム(改善要望)が上がっていました。

こちら施工前





小上がり上の既存障子は和紙のようで和紙でない「タフトップ」なる素材でして、大変耐久性の高いものです。
本音を言えば同じ素材で...というところですが、DIYにはちとツライ素材ですので、実家から障子紙をもらってきて貼ることにしました。

障子のいいところは失敗してもやり直しが楽。ということ。糊も澱粉糊ですから扱いも大変楽チンです。

でこちらが施工後





違いが分かりづらい...f^_^;

奥の方にチラッと見える白いのが和紙です。
今までここはオープンだったので、埃が入りたい放題でした。

和紙なのでAV機器のリモコンの赤外線等も問題なく透過します。

これで家族からのクレーム(要望)一つクリアです。

くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック