神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 再生 | main | 花をつけました@ギボウシ、ヤブラン >>

構造計算へ@東広瀬の家

 しばらく更新が滞っておりました「東広瀬の家」ですが、ボチボチ進んでおります。

実施打合せも残すところあと1回となり、大詰めです。

打合せとは別に構造図の作図を進めておりました。



先ほど構造図の第一弾が描き上がりましたので、これを構造事務所のTE-DOKさんへ送り、構造計算を進めてもらいます。スタジオの標準仕様は構造等級2相当(公的な認定を取っているわけではないので相当と表現しています)です。なのでどんなコンパクトな物件であっても構造計算を回します。

TE-DOKさんは耐力壁の評価等の実験も行っており、机上の計算だけでなく、様々な木軸の壊れ方を経験した上での構造指示をだしてくれますので、信頼しております。

あ、スタジオでは構造図も自分で描いております。どうも人に描かれた図面というのが苦手でして・・・図面の仕様。表現が変わるというのも気になりますので、構造図・設備図も自前で描いております。

そんなわけで、作図に少々お時間がかかるわけでして・・・

30坪を切るようなコンパクトな家でも100枚近い図面になります(見積り依頼時で)ので、信頼はしていただけると思って頑張っております(汗)。

「東広瀬の家」は意匠図があと少々と設備図が残っていますので、適宜進めていきます。
現場説明(見積り依頼)は9月頭の予定。そして着工は10月です。
やんごとなき理由で今まで時間がかかりましたから(笑)、スムーズに進められるよう作業を進めていきます。
東広瀬の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック