神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 行李 | main | 竣工写真撮影@福釜の家 >>

クリのカウンター@KStudio

スタジオ事務スペースの北側FIX前。

北側に広がる庭が眼前に広がり、とても気持ちいのいい場所です。

当初の計画からこの場所にはカウンターを設置しようと思っていましたが、予算の関係上(あと、在庫の板の関係上)ペンディングの状態となっていました。

ですが、複数のプロジェクトを同時に動かしていく必要上、どうしてもカウンターが欲しい!という欲求に負け、特別会計を発動しまして、製作しました。



いつもは加工が簡単なので脚もパネルで作ることが多いのですが、FIX前ということもあり、軽やかにするためにスチールのフラットバーを加工して脚を製作してみました。
(※製作協力:株式会社NES)

スチールはいつも使ってみたいと思う素材ではあるのですが、存在感があるものですので、木や他のマテリアルとのバランス上、ちょっと臆病になっていました。

人様のお宅で試すわけにもいかないので、今回スタジオでお試しです。



パネルはいつもお世話になっている「白鳥林工協業組合」のクリパネル。

ちょこっと寸法調整して、



蜜ロウワックスで艶出し。

で完成。



順光で庭を眺められる場所に気持ちのいいカウンターができました。

ご近所の方に益々カフェと間違えられそうです。


今回スチールの加工をお願いしたNESさんはご近所の方でして、たまたま庭のことを書いたスタジオブログを読んでくださっていて、問い合わせをいただいた縁でお願いをさせていただきました。後々NESさんの業務内容を伺って、その規模を知り、こちらのあまりの小口の要望に冷や汗タラタラでしたが・・・
林工さんにも急な要望に迅速に対応いただき感謝です。

これで仕事がはかどる・・・はずですので、頑張ります。
(カウンターはワックスが乾くまでしばし使用不可ですが)
家具いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック