神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 冬の実測第一弾終了 | main | 春に向けて >>

「沢渡の家」冬実測結果第一弾

1月7日から16日まで「沢渡の家」の内外温湿度を6ポイント測定をしました。
昨日、やっとこさデータをまとめましたので、ちょっとご紹介。

10日間の中で、朝の外気温がもっとも低かった14日をピックアップ。



最低外気温は6:15の0.5℃
最高外気温は14:45の10.1℃

生活のパターンとして、前日の17:30頃に薪ストーブに着火。その後燃やし続け(省エネ運転で)、0:30頃最終の薪を投入後朝までかけて自然鎮火。当日17:30頃までは無暖房+ほぼ無人です。

リビング、寝室、パントリーは1階。個室南・北は2階にあり、パントリーは台所(リビング一体)と建具で仕切られています。
個室南・北は基本的には無人(子供が小さいので)で、人の出入りはほとんどありませんが、入口の建具は開けてあります。

リビングに比べ、パントリーの温度が低いのは建具が閉められているからで、寝室も思ったより室温が上がっていないのはストーブからの距離とストーブと寝室の配置(輻射熱が届かない)かなと思います。ただ寝室は南側に大きなFIXがあるので、天気が良ければ日中の室温はリビングを上回る日もあります。

起床時の室温が20℃ぐらい、(前夜の薪の投入が不足して結果)低くても18℃オーバーの状態であることは大変ありがたいです。

生活をしてみて、今後の改善点を挙げるなら、今回測定を見合わせた北側の洗面脱衣・廊下。玄関ホールの室温をもう少し上げたいところ。

玄関の建具が唯一の木製建具(非サッシ)で、ここから(むしろここだけ)冷気が吹き込んできます。その冷気が浴室の換気扇に引っ張られて「玄関-ホール-廊下-トイレ-洗面脱衣」の空間をまんべんなく冷やしてくれています(苦笑)。

温湿度計は設置してあるので、毎日数値を見てはいますが、大体12〜16℃ぐらい。決して低すぎるわけではありませんが、他の空間と比較すると低いですね。
建具の使い勝手を犠牲にしない範囲で隙間風対策をすれば、もう少し自然室温を上げることはできるだろうと思いますので、近々手直しを行いたいと思います。

あと、これは温熱とは関係ないかもしれませんが、浴室の腰壁が十和田石貼りでして、これが寒い・・・しっかり蓄冷してくれるので、これだけの性能を持っている家ですが、入浴はちょっと寒く感じます(笑)。


冬季の測定は2月にもう一回行い、一旦終了です。

半年後、今度は夏版の測定を行います(日鉄さんが測定器を貸してくださればですが)。
昨年の夏はエアコンなしで生活できましたので、今年はどうなるでしょうか?
沢渡の家 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

見学させて頂いたので、分析内容が手に取るようにわかります。
日中の外気温の上昇に室温が引っ張られないのは、測定当日の日照が足りないからでしょうか。
晴れた日の測定も楽しそうですね。
林工のイシ | 2015/01/21 2:32 PM
イシさん 外気温の上昇に影響されないのは断熱性能が高いからです。外気温が上がっているといっても、室内温度に比べればかなり低いですから影響はないです。
あ、日射は別ですよ。日射は室温に影響します。日射と外気温はあまり関係ないですからね〜。寒い日でも日射は暖かいですし。
管理人 | 2015/01/22 4:38 PM
そうですよね、日射と外気温を混同してました。
郡上でも冬場(外気温0℃)でも日差しがあると車を運転してて窓を開けようかと思いますもんね。
林工のイシ | 2015/01/24 5:01 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック