神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 工場見学 | main | 少しづつ >>

次は山開き

「沢渡の家」のオープンイベントも終わり、庭の工事も一期工事が終わったということで、やることが少なくなってきて、寂しく感じる今日この頃。

以前から薪の調達方法を思念していたところ、奥様の母方の実家が山を持っている!と聞きつけ(しかも放置されていると。願ったりかなったり!)、先日視察してきました。



以前はいわゆる里山、薪炭林だったと思われますが、時代なのでしょうか。国に騙されてといいますか・・・桧が植えてあり、結構な大きさに育っていました。30年生ぐらいでしょうかね。この子たちは間引かないといけません。そもそも生産林ではないですし、そこへ移行させるつもりもありませんので、桧さんは無理のない程度に伐採をしたい。
今でも決して暗い感じはありませんでしたが、もう少し明るい林にして、林床の植物たちが活気あふれるように持っていきたいところです。



さて、この山から一体なにが採取できるか・・・
以前はマツタケも普通に採れていたそうな。赤松は確認できませんでしたが、頂上付近にあったと伺ったので、今度は頂上付近までアタックしようと思います。

境界があいまいというのは予想通りでしたが、それでも今回大よその範囲は把握できたので、作業はできそうです。範囲を把握せずに作業すると「立派な山泥棒」になってお縄になってしまいますので。

次回はそれなりの装備を持って(アンディ連れて)、サクッと作業してこようと思います。

山いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック