神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 地鎮祭 | main | 夏の思い出 >>

セカンドオピニオン

地盤調査をした結果、要地盤改良という判定。しかも柱状改良(涙)。

色々調べた結果、SS試験で要地盤改良となっても、他の試験法で地盤調査をし地盤改良が必要なくなるということもあるらしい。ということで、表面波探査法とやらで地盤再調査を依頼しようかと思ったら、適用地域外とのこと。海が近いからですかね・・・(涙)

覚悟を決めて、地盤改良方法でコスト比較をしようと検討していたら、先の表面波の見積りをお願いした業者さんから連絡があり、調査報告書を送ってほしいとのこと。

言われるがままに報告書を送ったら、後日
「改良必要なしで地盤保障つけれますよ」
とな。

・・・
同じ試験結果で真逆の判定。
セカンドオピニオンの重要性を痛感しました。
もちろん、改良をしないことが正しいのか、改良をするのが正しいのかは時間がたってみないとわからない部分ではあります。んが、余分な?お金はかからないにこしたことはありません。地盤保障が付けられるのなら改良しない方がいいに決まっています。

以前WACゼミに講師としてきていただいた先生は、地盤にもっとお金をかけるべきだ。地盤の上に建物を建てるのに、皆さん軽視しすぎている。少なくとも2社以上に調査を依頼して、客観的に判断すべきだ。積極的にセカンドオピニオンを利用してください。とおっしゃっていました。

なるほど・・・。大切ですね。
改良にかかる費用を考えたら、セカンドオピニオンにかかる費用は大したことはありません。

要改良→不要になることばかりではありませんが、複数の見解を比較できるというのは、精神衛生上もよろしいですね。


沢渡の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック