神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 小出し@中央 | main | オープンハウス@中央 無事終了 >>

破壊処置命令

2005年に自力製作したスタジオデッキ(過去ブログ)。
そして2006年に植えたヤマボウシ(こちらも過去ブログ)。
諸事情により移植を余儀なくされるので、その前にデッキの破壊処置命令を管理者権限で発令しました。



小一時間後



完了。

製作した時は何日もかかり大変でしたが、破壊は小一時間。寂しい気持ちは去来しますが、楽なものです。

デッキの板自体はまだまだ健全でしたが、土台の痛みが激しかったです。
日の当たる部分は大丈夫ですが、木陰で乾かないところはこんな感じ。



キノコも生えてました。

デッキ下には防湿コンクリートもないので、なおさら環境的には最悪な状態でした。
デッキを製作される場合は「防湿コンクリート」+「土台天端に笠木」をお勧めします。
特に笠木は費用対効果が非常に高いかと。

あとは根鉢の大きさに根を切って、そのあとは造園家のO氏にお任せです。
頼りにしています!(笑)




スタジオいじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック