神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 朝風呂サイコ〜 | main | これが日本の夏の風景だ! >>

薪置き場増設

暑い・・・ 18:30過ぎでスタジオ2Fは35℃/45%です。

しんどいわ〜。

あ、東海地方が梅雨明け(したとみられる)だそうです。
( )というところが、日本らしいというか、役人さんらしいというか。
いつからこんな無責任な国になったのでしょうか?
そんなに責任取りたくないなら言わなきゃいいのに・・・


さて、昨日は7月7日。そう一年でもっとも雨の確立が高いといっても過言ではない七夕です。
そして天気はやはり雨。

その雨のなか「高台の家」の薪置き場の増設工事が行なわれました。



擁壁手摺とトラックをつかって雨を避け、作業をします。

住まい手の努力の結晶ともいうべき大量の薪が今か今かと完成を待っています。


引越しをされて2ヶ月ちょっと経ちましたが、すでに住まい手の色に染められており、私の娘ではなくなっていました(笑)。

住まい手が自分で作ったタイマー式の散水システムなど、かなり能動的にこの家での生活を送ってくれているようでうれしくなりました。

家を手に入れたとたん興味を失う人もたくさんいます。
こういうタイプは「家」というモノが欲しい(物欲)だけで、住み方・生活にこだわりがあるわけではない場合が多いです。

せっかく一生に一度(多分)の家づくりですから、モノとしての「家」を求めるのではなく、自分達の「住まい方」・「生活」を獲得するために一緒に頑張れればといつも思って仕事しています。


雨の中、chanceさん、AO木さん、ありがとうございました。


この「高台の家」が8月発売?の「和モダン4」に掲載されます。
校正も終わり、あとは刷り上りを待つのみです。
今回は6頁掲載されます。
岩為さんの写真、ogumaの家具、小笠原さんに庭ともども、手にとって見ていただけたら幸いです。

また出来上がりましたら報告させていただきます。


・・・
早くHPにアップしないとな・・・
高台の家 | permalink | comments(0) | - | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする