神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< タフな週末でした… | main | 長野に来ています… >>

5年後のちゃや…

先日、アカデミーの開学記念式典やらWACゼミやらで美濃へ行った際に、久しぶりに「みさきのちゃや」を見て来ました。久しぶりにと言っても、いつも遠めには見ているのですが、斜面を降りてデッキに上がるのは久しぶりです。

竣工時から比べると、周囲の樹々の枝ぶりも立派になり、すっかり樹々に覆い隠され、軸組み材などが焼けてきたこともあり、目立つことなく斜面に佇んでいました。いい感じです。



上の写真は竣工写真。デッキから南側を見たものです。



そしてこれが5年後の今。







竣工時には山肌が見えていた(工事中に掘り起こしたりしたので)のに、



今ではすっかり緑に覆われています。
うれしいですね。



工事中に伐採せざるをえなかった樹々たちも、その切り株から萌芽再生し、もう私の背丈を越える高さにまで生長しています。
お陰で落葉はひどいですが、それは愛嬌ですね。学生にしっかりと維持・管理をしてもらわないといけません。

デッキの一部が傷んできているので、そろそろ大規模なメンテナンス必要です。在学生のみなさん。お手入れお願いしますね。


「みさきのちゃや」は住宅ではありませんが、私はこういった樹々に包まれる住宅を設計したいと思っています。もちろん敷地条件などで難しい場合もありますが、樹々に包まれているとなんともいえない安心感を得られます。ですからなんとしてでも樹を植えたい。たとえ1本でもいいから植えたいを思います。
彼等は私たちに大切な、季節の移り変わりや、生命力、そして健気さを教えてくれます。しかも押し付けがましくなく、そっと気づかせてくれます。


次回は紅葉の時期に、デッキか屋根に寝そべって、紅葉した葉っぱ越しに空を眺めたいですね。

楽しみです。
森林文化アカデミー | permalink | comments(0) | - | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする