神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 悪質リフォーム業者 | main | お休みします >>

セルフメンテナンスのすすめ

昨日悪徳業者に関するコトなどを書いたが、今日は住宅のメンテナンスについて少しだけ。
住宅のメンテナンスというと大げさに聞こえるかもしれないが、今回書き込むのはもっと簡単なメンテナンスの必要性について。日常生活をしているとき当然掃除すると思う。多くの方は週末にするのかな。居間・台所・浴室・寝室…。それ以外のところってどうですか?外壁・屋根・床下・天井裏などなど。ま、床下や天井裏を掃除することはまずないとしても、外壁はどうだろうか。ゴシゴシ洗います?洗いませんよね。仕様を決めるときに「メンテナンスフリー」という言葉がつくと一般の方はそれだけで喜ばれることがあります。「楽でいいわ」なんていう風に。でも私はあまり好きな言葉ではありません。確かに手間がかからないことは重要なことかも知れませんが、「メンテナンスフリー」=「ほっといていい」と誤解されている方が多いように思われるからあまり使いたくないのです。
みなさん服が汚れたら洗濯しますよね。車が汚れたら洗車しますよね。それって立派なメンテナンスです。だったら家もメンテナンスしましょう。服より車よりず〜と高価で、なにより皆さんの生活を守ってくれている大切な器なんですから。難しいことはする必要はありません。足場組んで屋根張り替えるなんて素人には無理です。そうではなくて常日頃から、ちょっとだけ意識して自分の住まいを見るだけでいいんです。例えば朝会社に行くときに外壁を眺めてみる。そうすれば何か変化があれば「おや?」と思うはずです。それがセルフメンテナンスへの第一歩。それが出来れば床下だって、天井裏だってちょっと覗くのは簡単なこと(そのためには床下点検口なるものが必要なのだが、たまにないお宅があるので困る。みなさん床下点検口は絶対設けましょう)。自分が暮らしている住まいの日頃見えない部分を見るのはちょっとした探検気分で面白いものです。
そうやってちょっと今より自分の住まいに興味を持てば、今家がどんな状況なのか簡単に把握できるはず。これって悪徳業者予防にもなるんです。突然業者を名乗る人が来て、突然「危ないですよ」なんていわれるから動揺してハンコ押しちゃう。でも少しでも自分で見てれば「ウソつけ!この間見たときにはそんなことなかったわい」と反撃できます。

とにかく今よりちょっとでいいので、自分の住まいに興味を持ってください。あなたの住まいも毎日雨露しのいでくれ、がんばってくれているはず。そんなちょっとした気遣いが、住まいを長持ちさせる秘訣でもあるし、悪い奴らに騙されないための第一歩。

難しく考えずちょっと見てやるだけ。それだけで立派なセルフメンテナンスなのだ。(なにか不安があれば気軽に専門家にご相談を。受動から能動へ考え変えましょう)
家いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック