神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 家づくり一口メモ その1 | main | 床のお手入れ >>

自然素材と付き合う

自然素材の家に住みたいという人が最近増えています。でも住みたくても自然素材って手間がかかるんじゃないか?って敬遠しがちですよね。確かに石油を原料にした新建材なんかに比べたら手間がかかります。でも新建材は完成したときが一番美しく、後は汚れていくだけなのに対して、自然素材は時間とともに風合いが増していきます。もちろん手間をかければですけど。
新建材が今のように建築素材の主流になったはのほんの数十年前のこと。それまでは基本的に住宅に使われていた素材は自然素材だったのです。それを考えると自然素材と付き合うのにそんなに特別な手間が必要なのかな?と思いますよね。要はみんな知らないだけ。ちょっとした日常の気遣いで、自然素材と簡単に付き合っていけるのです。使い込むことによって味がでる。そう思えば自然素材と付き合うのはもう怖くない。
家いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック