神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

格子棚できました

一昨日から始めた家具づくり。
本日格子壁ができました。



UNIT#2を作製。
昨日の教訓が生きているので、今回はかなりハイペースで組み立てができました。

つづいてUNIT#3の作製。



そして一気に建て込み。



格子のスリット部分は20mmとなっています。ここに20mm厚の板を挟めば、好きなところに棚が設置できます。





あとは棚板をいくつか用意するだけです。

なんとかこちらは年内に間に合いました。
これでスタジオの大掃除ができます。

あとは自邸の家具をいくつか・・・

家具いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

UNIT #1据付完了

昨日から始めた久々の家具づくり。

本日は午前中のクリスマスケーキなんぞを買いに行ったりと野暮用が多く、
作業できなかったので午後から再開。



昨日切り出したシナ合板に杉格子を留め付けていきます。
野地さんが綺麗な杉を入れてくれたので、ビスや釘を見せたくありません。恐ろしく手間ですが、合板の裏から格子を留めることにしました。

で、格闘の結果、UNIT#1が完成。壁に据付ました。



あとはUNIT#2,3を同じように作成して、完了です。

明日中には目処つけたいです。それ以外にも作らなければいけないものが沢山あるので...

あ、安心してください。
もちろん本業もちゃんとやってますよ。(汗)

家具いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

今年の仕事は今年のうちに

本日は天皇誕生日。祝日です。
なので祝日にかまけて、溜まっている大工の真似事を。

いや〜、丸鋸振り回すのも本当に久々です。



スタジオ打合せスペースのこの壁に、杉横格子にて棚をつくります。
材料の熊野の野地木材さんに入れてもらいましたので、ひたすら加工です。



夕方から雨予報でしたので、自邸の軒下で工房を開店。

下地となるシナ合板のカット、格子材の長さをカット、そしてついでにスタジオロフトの本棚を製作。こちらは白鳥林工さんの長良杉パネルの端材を有効利用。

16:00過ぎから予報通り雨が降ってきましたので、本日は木取りのみで閉店。
明日以降、下地のシナ合板に格子材を取り付けながら壁を起こしていきます。

カットした格子材の端材でNOZIMOKUMA積み木ができましたので、ついでにパチリ。



なんとか年内に終わらせたいと思います。

あと自邸のロフト本棚などなど・・・いくつかオーダーも頂いていますので、そちらもなんとか・・・(汗)
家具いじり | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

クリのカウンター@KStudio

スタジオ事務スペースの北側FIX前。

北側に広がる庭が眼前に広がり、とても気持ちいのいい場所です。

当初の計画からこの場所にはカウンターを設置しようと思っていましたが、予算の関係上(あと、在庫の板の関係上)ペンディングの状態となっていました。

ですが、複数のプロジェクトを同時に動かしていく必要上、どうしてもカウンターが欲しい!という欲求に負け、特別会計を発動しまして、製作しました。



いつもは加工が簡単なので脚もパネルで作ることが多いのですが、FIX前ということもあり、軽やかにするためにスチールのフラットバーを加工して脚を製作してみました。
(※製作協力:株式会社NES)

スチールはいつも使ってみたいと思う素材ではあるのですが、存在感があるものですので、木や他のマテリアルとのバランス上、ちょっと臆病になっていました。

人様のお宅で試すわけにもいかないので、今回スタジオでお試しです。



パネルはいつもお世話になっている「白鳥林工協業組合」のクリパネル。

ちょこっと寸法調整して、



蜜ロウワックスで艶出し。

で完成。



順光で庭を眺められる場所に気持ちのいいカウンターができました。

ご近所の方に益々カフェと間違えられそうです。


今回スチールの加工をお願いしたNESさんはご近所の方でして、たまたま庭のことを書いたスタジオブログを読んでくださっていて、問い合わせをいただいた縁でお願いをさせていただきました。後々NESさんの業務内容を伺って、その規模を知り、こちらのあまりの小口の要望に冷や汗タラタラでしたが・・・
林工さんにも急な要望に迅速に対応いただき感謝です。

これで仕事がはかどる・・・はずですので、頑張ります。
(カウンターはワックスが乾くまでしばし使用不可ですが)
家具いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

椅子の手直し

生地張りのクッションだった座面を歴代のネコ先輩達にボロボロされたスツール(オットマンと言った方が適切でしょうか)の座面の修繕を仰せつかりました。



昭和の匂いがプンプンします。(笑)



座布団を敷くので板でいいということだったので、お馴染みJパネルで。



久々の「おしゃれカット」は太もも裏にやさしい面取仕様です。

たまにはこんな家具いじりも楽しいものです。

捨ててしまえば粗大ごみですが、ちょっとした手を加えることで使い続けることができます。実はひと昔前のものの方が、手が込んでいたり、素材がしっかりしていたりするものです(今のプラスチック一色とはえらい違いです)。失ってしまったものは取り戻すことができませんので、モノの価値をしっかりと見極めて使い続けていきたいものです。
家具いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

つくったものたち@沢渡

「沢渡の家」・「Kstudio」を整備するにあたり、DIYにてつくったものたちを紹介します。

「吊棚1@Kstudio」
杉板、シナ合板


「吊棚2@Kstudio」
杉板、シナ合板


「デスク@Kstudio」
クリパネル


「OA台@Kstudio」
Jパネル(唐松)、Jパネル(杉)


「本棚@Kstudio」
Jパネル(杉)


「ロフト階段@Kstudio」
Jパネル(杉)、杉厚板




「可動棚1@Kstudio」(可動棚は他2個所)
杉パネル


「ロフト本棚&デイベッド@Kstudio」
杉パネル、Jパネル(杉)


「ロフト梯子@沢渡」2脚
杉板




「パントリー収納BOX@沢渡」20個ぐらい
杉柾目板、桧板、シナ合板


「サービスデッキ@沢渡」
杉厚板


「薪小屋@沢渡」
Jパネル(杉)


「(採用にはならなかったけど)ロフト梯子@沢渡」
杉板


その他:「家事デスク本棚@沢渡」クリパネル、杉パネル

ロフト梯子1脚と採用にならなかった梯子(ともに@沢渡)はその後「福釜の家」の住まい手によって引き取られていきました(笑)。

まとめてみると結構な量作りましたね。
自身の加工スキルも上げることができましたし、楽しかったです。またどこかの物件で住まい手と一緒にDIYができるといいな〜と思っています。
自分たちでつくると、ものに対する愛着もそうですが、何より家づくりに参加した感が飛躍的に上がりますので、家自体に対する愛着が変わります。また、入居後の生活の変化に合わせて住まい手自ら手を入れていくことへの気持ち的な障害を取り除くこともできます。メンテナンスが必須となる木の住まいとしては、これは大変重要なことかと思います。まぁ、難しいことはさて置いて、やった方が絶対楽しいので、是非やりましょう。

もう一つのDIY、「庭づくり」に関してはまと後日(まだ作業中なので)。


材料提供先(頂いたわけではありませんが)
・Jパネル(杉):協同組合レングス
・Jパネル(唐松):丸天星工業
・杉パネル:白鳥林工協業組合
・クリパネル:白鳥林工協業組合
・杉板:現場発生材(つまりゴミ)
・桧板:現場発生材(こちらもゴミ)
・杉厚板(階段ササラ):マルワイ製材所(こちらはプレゼントいただきました!)
・杉柾目板:現場発生材(またまたゴミ)
・梯子材(杉板):現場発生材(とことんゴミ)
・シナ合板:現場発生材(当然ゴミ)

※Kstudioの写真で写っているテーブルの天板はナラパネル(柾目)。こちらは白鳥林工さんより竣工祝いで頂戴したパネルをogumaにて加工していただきました。

しかしゴミあさっているみたいでいやですね(笑)。
現場は宝物が一杯落ちてます!いろんな意味で。

家具いじり | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

ロフト階段

昨日より作業していたロフト階段が完成しました。



ササラに踏み板のシャクリをいれて



仮組。

昨日はここまで。



一夜明けて再開。



踏み板にも本棚でつかった「おしゃれ加工」を。



で、完成。

正味1.5人工でした。

原寸図を作成してからの作業できたのでこれぐらいの人工ですみましたが、材に直接墨付けからやろうと思うと倍はかかるでしょうね。

やっと楽にロフトへ上がれます。
家具いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

第三陣設営

このところ職業を間違えているような書き込みばかりですが、本日も家具屋さんに変身。



真壁なので柱、巾木部分でチリじゃくりが必要になります。
いつの間にかこんな加工も丸鋸だけで難なくできるようになりました(笑)

本日の成果物はインクジェット複合機とA3レーザープリンタを置く棚です。



材料はJパネル。



天板は唐松のJパネル、脚は杉のJパネルです。



可動キャビネットも据えつけて、と。
キャビネットにはコピー紙、インクのストック等を収納します。


本日はここで時間切れ。
次回は押入れの棚と本命のロフトへの階段です。

階段はトリマ―の出番がやってきます。
杉なので慎重にしゃくりたいと思います。



家具いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

第二陣設置

昨日に引き続き定例打合せ時に第二陣を設置。

まずはロフトの本棚。
この材料は以前のスタジオで本棚と使用していたものを流用しています。
なのでところどころビス穴や傷がありますが、実用にはなんの問題もありません。
これば無垢材のいいところです。ロフトで人の目に触れる場所ではないですし、使っていけばすぐに傷だらけになるので問題なしです。





そしてこちらは栗のデスク。





まだオイルを塗っていないので白っぽいです。
奥には第一陣のJパネルの本棚が見えます。

あとつくらなくてはいけないのが、ロフトへの階段、本棚(小)、本棚(大)、飾棚、押入れ、OA機具用の棚・・・などなど。お腹いっぱいです。

在庫のパネル(端材)も少なくなってきましたので、無駄の出ないように木拾いをしないといけません。
家具いじり | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

第一陣搬入

先日より行っていた家具づくりにマネゴトの成果物第一陣を本日搬入。



Jパネルでつくった本棚です。



Jパネルは厚みが36个△襪里如△修里泙泙世箸舛腓辰判鼎燭感じることがあります。
(安心感といえば安心感なのですが)
なのでちょっと「おしゃれ加工」を施しました。
12个量攜を残し、あとはテーパーでカット。
これで大分軽やかに見えます。

造作丸鋸様様です(笑)。

明日はデスクの組み立てともういっちょ本棚の仕上げを。

家具いじり | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -