神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

久々のストーンワーク

今日は日差しも暖かく、珍しく風もないのでずっと気になっていたスタジオ庭の石組を直しました。

 

 

自邸ダイニングのメイン開口部から見えるこの石組。左側は石が立っているにに対して右側はねています。

 

 

植栽を入れる時に土砂の流出防止のため、急ごしらえで石を敷いたのですが、そのままになっていました。奥の石組は落ち着いてから組んだものなのでちゃんと立っています。

メインの開口部から毎日見る景色なのでずっと「モヤモヤ」していったのですが、下草変わりとして植えたイチゴも茂っており、やり直しとなるとそれらも犠牲になってしまうので躊躇していたのですが、「モヤモヤ」には勝てず、実行です。

 

時間にして2時間ちょっと。実生で生えてきていた紅葉やイチゴの移植もしているので、石組自体にかかった時間はもう少し短いかもしれませんが、なんとか終了。

 

 

ちょっとわかりにくいですが・・・

 

 

このアングルならわかるでしょうか?

 

 

直し前がこんな感じ。

 

石の背後に土も新たに入れてあるので植栽ができるスペースができてしまい、空間が気になるというおまけつきです。

 

これから暖かくなるにつれてイチゴの新芽が出てきます。新しいランナーも出して空間を埋めていってくれるでしょう。

また移植した紅葉も大きくなってくれれば空間は気にならなくなるかと思うので、また時間を纏うのを楽しみにしたいと思います。

 

いやはや、予想以上に暖かかったのでかなり汗をかきました。

そして腰が死亡寸前です。庭仕事ってこんなに腰にしんどかったっけ?

何事も継続です。怠けるとダメですね。

くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

環境家計簿2016版

それぞれのプロジェクトの温熱性能を計算しているついでに、我が家(沢渡の家+Kstudio)の昨年2016年の環境家計簿をまとめてみました。

 

結果は下記の画像です。

 

 

我が家の場合は夏季に冷房をほぼよほどのことがない限りは使用しませんし、冬季の暖房も薪ストーブですのでここに反映されるようなエネルギー源を使用しておりません。そういう意味では削減結果が出やすい生活スタイルではあるのですが、それ以外はこれと言って変わったことはしていません(冷蔵庫がないとか、お風呂は近くの温泉に行くとか(笑))のでまぁまぁの結果かと思います。

 

ちなみに2015年版の結果が

・エネルギー削減率:54.3%
・CO2削減率:55.2%
でした。節約金額が今年の方が多いのは単価が違うので単純に比較はできませんが、削減率だけでみるとほぼ横ばいですね。
今後削減可能な部分を探すと、冬季の給湯とスタジオの空調費なのですが、スタジオの空調は仕方がないかと・・・
給湯に関しては子供たちのお風呂での遊び時間が結構影響してきますので、これまた仕方がないかと・・・
くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ハナハナ

シロヤマブキ



ヒメウツギ



オトコヨウゾメ



ハイノキ



くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

にぎやかになってきました。

やっとこさの春本番なので、このような投稿がブログ、Facebookともども続くことをご容赦ください。

子供たちの春休みの終わりに駆け込みで和歌山へ旅行へ行ってきました。
目的はチベットの珍獣パンダさんに会いに行くことだったんですが、思いのほかジャイアントではなく、こじんまりとしていたのが意外でした。



しかしまぁ、なんというか油断し過ぎの体型といい、姿勢といい、ズルさ満点です。

と、そんな束の間の2日間の留守の間に自宅の庭は一気に春めいてしまい、移植3年目にしてわずかではありますが、初めてソメイヨシノが花をつけ、ジューンベリーが満開になり・・・
季節の移ろうスピードにちょっと置いてきぼりをくらった感があるわけです。

他の樹々に目を移しても、ヤマザクラは今年も控えめながら花を咲かせてくれました。
ソメイヨシノやオオシマザクラのような春爛漫!という感じも華やかでいいですが、ヤマザクラのように可憐に咲く桜もいいものです。





庭木では珍しいかもしれませんが、クロモジも芽吹きました。



アオダモは花を芽吹きとともに花を咲かせ



コナラも少し遅れて無事芽吹きをむかえました。



モミジなどはまだこれからですが、長かった冬の閑散とした風景から一気に緑爆発の春景色に衣替えの様相です。
数本ですが、残念ながら冬を越せなかった樹もありそうな気配ですが、それらを補って余りあるほどの緑爆発に期待したいです。



 
くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

自耕生活第2期始動

夏野菜の収穫へ向けて、ほったらかしだった畑を「それっぽく」整備しました。

春休みで暇を持て余していたJrを口車に乗せ、石を並べてもらい、畑っぽく。



石の並べ方が雑に見えるかもしれませんが、新3年生が1人で並べてものなので、これでいいんです。

途中で投げ出すことなく、並べ終えてくれたことに父は感激です。
(よほど暇を持て余していたのでしょう(;^_^A)

昨年まではとりあえず空いている場所に苗を植えていましたが、これで明確に区分けが出来ます。

さてこれからは苗の準備と、土作りの仕上げです。植え込みはいつになりますことやら。
くらしの風景 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

芽吹き

昨日から冬の寒さが戻ってきましたが、一度進んだ春への準備は確実に進んでいます。

庭の樹々の様子をいくつかご紹介。



ユキヤナギ



シロシモツケ



ブルーベリー



ドウダンツツジ



ヒュウガミズキ



(わかりにくいけど)ユスラウメ



(唯一接写で撮れた)トキワマンサク



コナラ(盆栽)



クヌギ(盆栽)

これら以外ではヒメウツギ、オトコヨウゾメ、シロヤマブキの新芽が確認できました。

大きな樹はまだ膨らみが小さく、堅いです。これらはもう少し時間がかかりそうですね。
くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ハーブ畑

すっかり春の陽気。

我慢できなかったので、ハーブ畑を作りました。



勝手口正面の石積みが湾曲しているところを利用して石を積み、土をカサ増しします。



こんな感じ。



他の部分と同様に野面積みLite(勝手に命名)で積みました。

ここにはこやつ



ワイルドルッコラを植えます。

ルッコラ好きなので、収穫が楽しみです。




くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

床下温度@沢渡の家

Facebook投稿の続きで恐縮ですが、テーブルにワックスを塗装するために移動をしたので、ついでに床下のチェックを。
テーブルの下に床下点検口がテーブル下にあるので、あまり点検をしないので...



点検口を開けると微妙にカビくさい...
基礎断熱なので、床下に外気が流れません。なので基礎コンクリートが乾燥していく過程で出す水蒸気が外気に放出されにくいのでどうしても湿度の高い状態になりやすいのです。我が家の場合は図らずも工期が長かったので(苦笑)、それなりに養生期間は長かったのですが、それでもコンクリートをしっかり乾燥するのには時間が足りないですね。

せっかくなので基礎の温度を測ってみました。



ベース(断熱材は敷いていません)は18.6℃。



立ち上がり部は19.3℃

ほとんど温度差はありませんね。

基礎内断熱の場合、外周部以外は断熱材を敷きません。
「大丈夫?」
と聞かれますが、これで大丈夫だということがわかっていただけるでしょうか?

建物全体で見た時、基礎部分から逃げていく熱の量は大したことがありません(沢渡の家の場合、換気を除いた場合の損失割合は1割ほど)。
それよりも言い尽くされた感はありますが開口部なんです。

開口部にコストをかけましょう。



くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

カラスノエンドウ

昼休み(昼ご飯を食べないので、休みはないのですが)、暖かいので庭をぶらりと点検。

しばらく注意して見ていなかった西側の植え込みに元気にしげる草発見。



緑のないこの季節に景色に潤いを与えてくれてはいるのですが、ちょっと茂り過ぎかな。



ヤブコウジが苦しそうです。

というわけで、季節外れではありますが、軽く除草。
手でブチブチと千切りとっていきます。鎌だと残したい樹の新芽なども一緒に刈ってしまう恐れがあるので、手で整理するのが一番です。

この元気な草、「カラスノエンドウ」といいます。
紫色の小さくてきれいな花を咲かせます。実は若いうちに摘んで塩茹でにすると食べられるそうです(その名の通り豆です)。これだけ茂っていると結構な量収穫できそうですが、私はお酒を呑まないのでそんなおつまみ情報はどうでもいいですから(笑)、機械的に千切り取ります。そして庭のコンポストへ。

この暖冬で草の芽吹き、生長も早いです。
樹々の新芽もだいぶ膨れてきています。桜も芽が目立ってしましたね。

異常気象は困りますが、少しずつ春を目でも実感できるようになってくるというのはうれしいものです。
くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

環境家計簿@沢渡の家

竣工から1年半経ちますが、電気容量の契約などでごたついていたのでまとめることができなかった環境家計簿をサクッとまとめてみました。

まずは前提条件として
・床面積は112
・4人家族が暮らす戸建住宅
・UA値は0.36W/K
・Q値は2.00W/K
・C値は0.79cm2/m2
・暖冷房は部分間欠暖房
・暖房は薪ストーブのみ、冷房はエアコン設置だが実際は使用せず、DC扇風機大活躍。
・入浴時のシャワーはほぼ使用していない。浴槽のお湯で体を流している
・ガソリンは除いている(仕事で使うため)
・スタジオ使用分と一緒に請求がくるため、スタジオ使用分も含めた結果である
・水道に関しては夏場の使用量の半分は庭への水遣りだと思われる・・・(汗)
・逆に冬場の水道の使用量が下がらないのは風呂での足し湯が原因。

という前提条件を頭に入れてご覧ください。





エネルギー、CO2削減率ともに50%を達成しているので、まぁいい結果でしょうか。
上記のようにスタジオも合算での数値になっているので正式な数値ではないのが残念ですが、スタジオ合算でも50%削減できているのでいいとしましょう。(笑)

ちなみにもう少し新しい辻ソフト「環境履歴書」にて計算すると、上記「エネルギー削減率」、「CO2削減率」、「光熱費節約金額」がそれぞれ
・エネルギー削減率 53.7%
・CO2削減率 56.1%
・光熱費節約金額 113,022円

となります。
冬場の電気使用量が多いのは「暖房→薪ストーブ」としているものの、スタジオの暖房はエアコンを使用しているため。
削減部分のほとんどは電気の削減分なので、冷暖房の「無冷房+薪ストーブ」という生活スタイルがとても貢献してくれているのがわかります。
夏と冬で住宅部で使用する電気はあまり変わらない(夜間の照明の点灯時間がかわりますが)ので、夏冬の差が冬季のスタジオエアコン分と極めてザックリですが推定できます。8月が増えているのもスタジオのエアコン(来客時)ですね。なので電気は平均して1.5〜1.6GJぐらいの使用量でしょうか。
ガスは純粋に住宅部分の使用量です。冬場が多いのは給湯です。都市ガスなので太陽熱給湯器を積極的に採用してこの部分の削減をさらに進めるという選択肢がとても取りにくいのが残念です。
水道は夏季は浴槽にお湯をほとんど貯めないかわりに、庭への水遣りが多くなりますので見事に相殺されています・・・。井戸水か・・・水遣りで使用している水の量は正確にはわかりませんが、その量を勘案しても使用量が少ないのはお風呂の使い方が大きく影響しているのでしょう。今後子供たちが大きくなってきて使用時間のバラつきがでてきた場合、またシャワーを日常的に使い始めた場合でこの部分は大きく変わってくるかと思います。
くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -