神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

オープンハウス@中央 無事終了

本日、「中央の家」のオープンハウスを開催いたしました。



完全予約制ということもあり、規模としては小規模なものとはなりましたが、関係者・同業者の冷やかし(笑)がない分、家づくりを検討されている方とゆっくりとお話し、説明ができました。ご来場くださった方々、ありがとうございました。

住まい手のお子様達が受付を手伝ってくれたりもし、大変優しい気持ちになりました。
ありがとね。



会場運営をしてくださった、足立住建さん、らいふくれよんの専門業者の方々、ありがとうございました。
oguma大橋氏、間に合わせてくれてありがとう。(ヘルプのM氏もありがとう)

そして住まい手Sさん、入居しているにも関わらず、ご協力いただき、ありがとうございました。いつかお風呂に入りにいく(かも?)(笑)ので、その時はよろしくお願いします。また写真を撮りに伺います。

引き渡し1年が経過していますが、ようやく嫁いで行ったという実感を感じることができました。寂しい限りです。






愛知県・岐阜県で木の住まいを提案する
一級建築士事務所 神谷建築スタジオ



中央の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

小出し@中央

「中央の家」の1年点検にいってきました。
オープンハウスへ向け、可能な限り手直しを行い、造園と絡むため未施工だった外部配管、照明等の取り付けも行ってきました。

前面に大きなモミジも植わり、雰囲気が出てきました。
天気だけが心配です。

「中央の家」はセミコートハウスです。
中庭を挟んでこんな感じのホールがあります。



今はお子さんの遊び場になっていますが、将来的にはお子さん向けのワークショップを開いたり、はたまた仕事部屋になったりと、いろんな可能性を秘めた空間です。
延べ34坪の中でこの空間だけで6坪。
贅沢な空間の取り方かもしれませんが、そんな計画も大いに「あり」かと思います。
将来的にどのように使われていくのか、大変楽しみです。

ちなみにこの空間は近日中に、ogumaに製作の家具によって新たな機能を与えられる予定です。
そちらも楽しみ。


**************************************************
中央の家オープンハウス
日時:2013年5月19日(日) 10:00〜16:00
会場:愛知県小牧市
※ご連絡いただいた方にはこちらより住所、地図をご連絡させていただきます。
info@kamiyastudio.com
まで「中央の家見学希望」と書いて、メールをいただければと思います。
**************************************************


愛知県・岐阜県で木の住まいを提案する
一級建築士事務所 神谷建築スタジオ

中央の家 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

オープンハウス@中央

竣工して1年が経過した「中央の家」のオープンハウスを下記日時にて開催いたします。

準防火地域に建つ延面積34坪ながら、前庭・中庭・後庭・通庭という4つの庭を確保した木の住まい―薪ストーブのあるセミコートハウスです。

限られた面積の中で視線・床レベルを変化させることでメリハリのある生活を行えるように計画をさせていただきました。

住まい手のお子様のお友達にも「面白い家」として好評なのだそうです(笑)。

このお宅の為にデザインして、オリジナルの薪ストーブも設置してあります。
製作物だからこそできる「納まりのよさ」、「デザインの巾」を感じていただければと思います。


すでに生活を送られているお宅での開催となりますので、見学ご希望の方は事前にお申込みいただきたいと思います。また、周辺へのお車の駐車は、ご近所の方に御迷惑が掛からないように配慮をお願いいたします。









**************************************************
中央の家オープンハウス
日時:2013年5月19日(日) 10:00〜16:00
会場:愛知県小牧市
※ご連絡いただいた方にはこちらより住所、地図をご連絡させていただきます。
info@kamiyastudio.com
まで「中央の家見学希望」と書いて、メールをいただければと思います。
**************************************************

多くの方に「木の住まい」をご覧いただきたく思います。
お会いできるのを楽しみにしています。





中央の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ストーブ設置@中央

昨日は「中央の家」で待ちに待ったストーブの設置を行ってきました。

引渡しを7月に行っているので4ヶ月ほどお待たせしたこととなります。
寒くなってきたことですし、冬本番を前に設置できてホッと一息です。


このスペースに設置します。
今回は浮いているストーブです。
製作、設置は長野の山林舎さん。

まずは室内の煙突設置から。



コンパクトはキューブ型のストーブです。



設置するとこんな感じ。
背面の壁はガルバのスパンドレルです。板金の背面では熱処理の下地が組んであります。



お次は外部の煙突。



全ての設置が完了したのは19:00過ぎ。
10:00からの作業できたので8時間以上の作業となりました=3



細部もかわいいつくりになっています。

住まい手は既に薪を大量にストックしてあるようなので、今日当たりから焚くのでしょうね。うらやましいです。

火のある暮らしは本当に豊かだと思います。

お待たせしましたが、喜んでいただけてよかったです。
中央の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

結納@中央

あいにくの天気でしたが、本日は「中央の家」の引き渡し。

まだまだ残工事が残っていますので、嫁入りではなく結納です。



造園が楽しみです。



キッチンはフラップ式。限られたスペースを有効活用です。



中庭に面した廊下。
緑が入るとここからの景色は気持ちいいでしょうね。

工事が残る中で引越しが始まります。
落ち着くまでしばらく時間がかかるでしょうが、緑が入り生活が落ち着いた頃にまたゆっくり伺います。

そのときが嫁ぐ時ですね。

中央の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

換気棟@中央

片流れと切り妻の切り替え部分につく換気棟。

ここの納まりをめちゃめちゃ考えました。

でこうなった。



この納まりだと



あたかも片流れのようにこんなにすっきり見えます♪

満足です(笑)。
中央の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

屋根葺けました@中央

今日はあいにくの雨ですが

 

屋根板金が葺けたのでへっちゃらです。

やっぱり大屋根やね。
中央の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

4号@中央



「中央の家」にはこんなに大きなRC壁があります。

もちろん4号建築物です。

この壁がどういう内部にどういう影響を与えるのか。

今から楽しみです。

全ては住まい手の腕にかかっています(笑)。
中央の家 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

今日の現場@中央

金物チェック!



TE-DOKの福ちゃんです。



間柱が付いてきています。

中央の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

上棟式@中央

朝は予報どおり雨でしたが、午後から青空が姿を現し、絶好の上棟式日和となりました。



現場では野地板(杉本実板t-30)の上にSUSパンチングメタルを打ち付けています。
中央の家ではこの仕様で屋根面での水平構面を構成しています。
これは昨年度の岐阜県の補助金でWACが採択された「本実パンチング補強パネルを用いた水平構造面」の実証物件という意味合いでもあります。
この方法ですと、屋根面に合板類を用いることなく水平構面が構成できますので、とっても魅力的です。手間的にも、通常の化粧野地を張る手間+一手間で済みますから特別な工具、技術を要しません。普及してくれるといいんですが。



今日は流桟の施工までで終了です。



住まい手のお父さんの手書きの棟札で上棟式を行いました。
足立さんの祝詞の上手なこと。役者ですな。



野地が張れたので、ボリュームが把握できるようになりました。

今回も綺麗な軸組みだと自画自賛です(笑)。


Sさん、上棟おめでとうございます。
中央の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -