神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

明日は現地審査です

さて、やっと「高台の家」の模型の目処がつきました。今日現在で8割完成です。

明日は「ヒダセノイエ」(久々・・・)の現地審査です。



先日「ぎふの木で家づくりコンクール」事務局から一時審査をパスしたという連絡があり、明日現地審査(二次審査)という運びとなりました。

というわけで朝から岐阜へ行ってきます。

住まい手は生活しているところへお邪魔するわけですから、とても気を使います。でもどのように生活しているのかを見る機会もなかなかないので、こういった機会にお邪魔するのもいい機会?かもしれません。

住まい手のためにもいい結果になるとうれしいのですが。
ヒダセノイエ | permalink | comments(0) | - | - | -

晴れ姿

今日は撮影です。

なかなかあけない梅雨のせいでやきもきしましたが、なんと現地の天気は晴れ!(愛知は雨模様だったようです)

岩為さんは神奈川から来られるのですが、浜松の辺りは大雨だったようで「よく晴れたね!」と喜んでいました。これも私の日ごろの行いが…

今日は朝早くから撮影のための準備です。
スタジオから持ってきた大量の書籍は本棚に並べ、これまたスタジオから持ってきた電子レンジ、トースターなどを設置、まだ引越し前なので内部には生活感がありません。なので少しでも生活の雰囲気がわかるように車一杯に小道具を詰めてやってきました。
撮影前の準備に1時間かかってしまいました。そして準備が終わった頃に岩為さん登場。

岩為さんに撮影をお願いするときは、いつもどんなリアクションをされるのかドキドキします。なにせ相手は百戦錬磨。数々の巨匠達の作品を見てきた眼力を持っている人です。

さて今回のリアクションは…

「天井のスケール感(モデュール)がいいね!」

ホッ…まずはお褒めの言葉から始まりました。
私は自分で言うのもなんですが、褒められて伸びる子なので、単純にうれしいです。



炎天下で暑いのに、いつものように頭巾を被ってアングルを決める岩為さん。

朝9時から始まった撮影は15:00までかけて無事終わりました。
撮影中に話した話もまた面白く、勉強になりました。


今回もどんな写真があがってくるのか楽しみです。
写真が届いたらまた報告します。

何日にも分けて搬入した小道具や家具たちを車一杯に詰め込んで撤収します。ごめんな206・・・
ヒダセノイエ | permalink | comments(1) | - | - | -

明日は撮影です。

明日は岩為さんによる撮影です。

今年はなかなか梅雨が明けず、撮影日が決められず、ず〜と天気予報とニラメッコでしたが、エイヤッ!で指定した明日は天気がよさそうな感じです。もちろん晴天であることが理想ですが、贅沢は言わないので雨だけ落ちてこないでくれれば・・・

自分での撮影は既に終えましたが、なかなかアングルが難しい建物なのでプロがどのように撮るのかとても楽しみです。
ヒダセノイエ | permalink | comments(0) | - | - | -

オープンハウス終了

18、19日の両日開催いたしましたオープンハウスに60名以上のご来場をいただきました。

両日とも朝に雨が降り、恐ろしく蒸し暑い中での開催でしたが、開催中はなんとか天気ももち、ホッと胸をなでおろしています。



当日質問をされた方々に共通するのは
「こんなに木を沢山つかってお手入れ大変じゃないの?」
という感想。

確かに新建材に比べれば手間はかかります。
でもほんの一手間です。
・水に濡れたらすぐに拭く。
・湿気を溜め込まない。
そして
・自分の家に関心を持つ。

という一手間です。
新築時にはちょっとした傷も気になります。
でもすぐに気にならなくなります。それは木の色が変化していって目立たなくなるということもありますが、住まい手自身が「木の家」に慣れていくからです。
気にならなくなる=関心がなくなる
ではなく、気にならなくなる=木の家を受け入れる
なのかもしれません。



服が汚れたら洗濯をする。車だって汚れたら洗車するでしょ?オイル交換もしますよね?

だったら自分達の生活と一番密接に関わっている、生活を包んでくれている家に対しても同じように接してください。それだけのことです。難しくないでしょ?



「木の家って大変・・・」

こういった質問をされるたびにいつもこういって説明しています。

「こんなに沢山木が使ってあるなんて珍しいわね〜」

こんな感想もいただきました。

ん〜、ほんの数十年前までの家づくりはみんなこんな感じじゃなかったんですかね?わずか数十年前の新建材の登場で、一般の方々の価値観はここまで駆逐されてしまいました。

スタジオの家づくりは特別な材料は使用していません。当たり前にある素材を使って家づくりをしています。それが「特別」になってしまっている現状に少々戸惑いを覚えます。

こういった機会に少しでも「木の住まい」に対する印象を受け入れやすいものにできればと思います。ご来場いただいた方々にはどううつったのでしょうか。

「木の住まい」での生活は、一手間かかりますが、その一手間をはらってでも有り余るくらいの豊かさがあると思っています。
ご来場された方々が少しでも多く、「木の住まい」を受け入れていただけたらうれしいですね。


岐阜に当たり前に「地域の木」を使用した「木の住まい」がまたひとつ出来上がりました。これからここで住まい手の生活が始まります。

大切に、大事にしてもらえよ。

また娘が嫁に行きました。



当日ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
また全ての方に対して十分な対応ができず、申し訳ありませんでした。
ご近所の皆様、工事中はご迷惑をおかけしました。
これからは地域の中で「ヒダセノイエ」をかわいがってあげてください。よろしくお願いします。
ヒダセノイエ | permalink | comments(6) | - | - | -

噂のO君

昨日夕方、無事テーブル&ベンチの設営が終わりました。設営が終わると同時に雨が落ちてきましたのでギリギリセーフでした。



テーブル天板に脚を設置するO君。
彼が噂のO君です。

なんとO君、今回遅刻してきたにもかかわらず、テーブルに設置する引き出しを忘れてくるという大失態!

皆さん、オープンハウス時のテーブルには引き出しは着いていませんが、本当は引き出し付のテーブルです。家族それぞれの箸やランチョンマットが収納できるようになっています。

今回のテーブルはO君のデザイン。
事前に「ヒダセノイエ」の図面を渡し、イメージをしてもらいデザインしてもらいました(ちょっとチャチャをいれて、変更してもらいましたが)。
O君曰く「神谷さんの空間はシャープな印象です。」とのこと。

なのでテーブルもベンチもシャープなデザインです。
無垢の家具は得てして重たくなりがちですが、なかなかスマートな仕上がりです(お陰で搬入も比較的軽くて助かりました)。


オープンハウス時に建物を見ていただくのはもちろんですが、O君製作のテーブル&ベンチも是非ご覧下さい。


設営後、O君は多治見の友人事務所へテーブルを搬入へ出かけました。
来年、神谷建築スタジオも5周年です(同じ日に私は33歳になります。スタジオの登録日と私の誕生日は同じなのです!偶然ですが)。
スタジオのテーブルは開設時に私が自力で製作した杉の大テーブルです。正直そろそろガタ(何せ素人ですから)が来ていて、天板もかなり反ってきています。杉なのでペンを走らせるときれいに後がつきます。5周年を機に広葉樹のテーブルを!と計画しておりますのでO君、いい材料確保しといてよ!
ヒダセノイエ | permalink | comments(2) | - | - | -

オープンハウスまであと2日

昨日、本日と岐阜に来ています(日帰りで)。

昨日はアカデミーエンジニア科の講義で、今年は模型製作を課題にしました。本来なら1年生の内に習得しておくべきスキルだと思いますが、私が受け持っているのは2年生なので仕方ありませんね。彼らが卒業後どんな仕事につくのかわかりませんが、最低限模型が作れるかどうかというのは大きな要素です。雇う側からすると模型が作れないというのは正直つらいですからね。
課題提出は9月です。まだまだ時間がたっぷりあるので、しっかりスキルをあげて欲しいです。

さて本日は「ヒダセノイエ」のスタジオ検査&家具搬入です。
今回家具を発注したのは
・テーブル・ベンチ(オーダー)→小熊製作所
・ダイニングチェア→モノ・モノ
・キッチンハイスツール、スツール→柏木工
・スツール→AC CRAFT
です。
小熊製作所以外の家具は私が搬入しておいたので、今日は小熊製作所のテーブルとベンチの搬入となります。
はたしてどんな仕上がりになっているか楽しみです。
(午前中着という話だったのに、午後着に急遽変更になり、今は岐阜事務所で事務仕事中です。なのでまだ見ていません。頼むぜO君!)

昨日、薪ストーブの残工事も無事終わり、薪ストーブもしっかり設置されました。夏の暑い時期ですので、今はオブジェですが、オープンハウスの時は薪ストーブにも注目です。

現場では大工さんが残工事&手直しに奮闘しています。
頑張ってください。もう少しです。
ヒダセノイエ | permalink | comments(0) | - | - | -

床塗り

昨日は「ヒダセノイエ」の床塗りを行ないました。お陰で今日は腕が痛い・・・

塗装したのは蜜ロウワックス。

スポンジで薄く延ばして、ウエスでふき取ります。特別な道具もいらず、素人でも簡単に塗装が行なえます。ただ、根気は必要ですね。

今回は面積が大きいので、大変でした。しかも住まい手と二人きり。もっと人手が必要でした。



水廻りを塗装する住まい手。
私は内部床に関しては無塗装でも構わないと思っていますが、住まい手からするとやはり最低水廻りだけは塗っておきたいと思うようです。蜜ロウワックスは表面に塗膜をつくるような(マンションの複合フローロングに塗ってあるような)ニス系のものではありませんが、蝋なので水をはじいてくれます(塗装後ある一定期間ですが)。水のシミも気になるのは最初だけですが、それでもやはり水廻りは丁寧に塗装しました。

木部に塗る塗料は木の呼吸(正しくは吸放湿)を妨げないように、塗膜を作らないものにすべきだと思います。せっかく無垢の木を使っているのに質感がプラスチック見たいになるのはどうかと思います。メンテは必要ですが、それは当たり前のことですからね。基本的には素材は生成りの状態で使ってあげるのが理想だと思います。



さて、上がまだ塗装が完了していない所。塗装をかけると下のような色になります。色が変わるというより、より鮮やかになるという表現が正しいでしょうか。

午前中から開始して、終わったのは17:00過ぎ。腕がプルプル震えていました。


これで塗装も完了したので、あとは残工事、手直しを残すのみです。



疲れ果て、帰路についたら東海環状道可児御嵩で火災のため通行止めの表示が。土岐でいったん高速を下りて、Uターンし東海北陸道→名神東名経由で帰宅しました。もうちょっと手前で表示をして欲しいですね。あやうく巻き込まれるところでした。
あまりに疲れ、汗をかきまくったので高速手前で「ハロハロ」を購入するためコンビニによったのが功を奏したようです。ナイスハロハロ。
ヒダセノイエ | permalink | comments(2) | - | - | -

完了検査 無事合格

本日、無事完了検査に合格しました。

毎度のことながら検査員はTAXIで登場。

指摘事項もなく、無事合格です。

オープンハウスまで一週間。手直しも含め、急ピッチで作業が進みます。心配なのは天候だけですかね。
ヒダセノイエ | permalink | comments(0) | - | - | -

竣工間近

久々の現場報告です。

外部足場も解体され、いよいよ全貌が露になりました。いままで養生シートで覆われていたので設計者の私でも全貌をイメージすることは難しかったのですが、とうとうお披露目です。



木製建具の切り込みも行われていて、あとは微調整をかけるだけの状態です。



内部では美装(クリーニング)が行われていて、半年分の埃やらなんやらがきれいにされていきます。職人さんの苦労は洗い流せないですけどね。



来週完了検査、設計検査、施主検査等検査が続きます。

引渡しに向け、本当にラストスパートです。
ヒダセノイエ | permalink | comments(3) | - | - | -

オープンハウス開催決定

現在竣工目指し、職人さんが現場奮闘中の「ヒダセノイエ」。住まい手のご好意によりオープンハウスを開催することとなりました。

7月18(土),19(日)の両日開催いたします。

日にちが決まったのが昨日なので、まだチラシはできていませんが、出来次第アップしますので、皆さん是非お越しください。
ヒダセノイエ | permalink | comments(0) | - | - | -