神谷建築スタジオBlog 「木の住まいづくりのあれこれ」

愛知,岐阜,三重を中心に木のすまいの設計・監理、改修をてがける設計事務所です
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -

久々の雑誌掲載です。

7月末に発刊された雑誌

「和風住宅 Vol.22(新建新聞社刊)」に

「庭つくりの家」が掲載されています。

 

 

手に取っていただけたらと思います。

 

 

「庭つくりの家」

設計・監理:神谷建築スタジオ

施工:株式会社友八工務店

家具:oguma

造園:小笠原庭園

Studio Talk | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

建て方開始@菰野の家

昨日「菰野の家」の現場にて建て方が開始されました。

 

 

天気予報は微妙な感じではありましたが、時折雨粒が落ちてくることはあってもなんとか終了まで降雨という状態にはならず、住宅棟の母屋まで架けることができました。

 

 

材料は建築地と同じ三重県の熊野 野地木材工業さん。

酷暑の中木配りを頑張った結果もあり、とてもきれいな材料です。

修正挽きされると検査時とは色味が変わるのでドキッっとします。

 

 

 

水曜日まで天気予報で雨マークが散見される状態だったので、作業は中止とし、木曜日から再開としました。

構造=意匠である真壁の家づくりですから雨にぬらすわけにはいきませんので、全体をブルーシートで覆って養生です。

 

週末には住宅棟の屋根下地が出来上がって家形が現れると思います。

現場に行けるか微妙ではありますが、なんとか行けるように調整です。

菰野の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

地鎮祭@菰野の家

昨日6月11日 「菰野の家」の地鎮祭を執り行うことができました。

なんだかんだ色々ありまして、当初予定よりだいぶずれ込んでの地鎮祭となりましたが、梅雨時期にもかかわらず雨に降られることもなく、すがすがしい天候の中無事執り行うことができたのでよかったです。
「菰野の家」は長閑な風景の中に建つ平屋ボリュームの方形屋根を持つ家です。
長閑な風景を壊すことなく、建物の高さを抑えスッと敷地に馴染ませるように建物を置きました。
本体竣工は年末の予定です。(あくまで予定ですが・・・)
また随時ブログ、Facebookページにて状況報告させていただきます。
まずは木材検査です。
菰野の家 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

下地完了間近@鳥山のリノベ

鳥山のリノベの現場定例。

本日は住まい手も同席いただいて、細かい部分の確認など。

現場は壁、天井の下地がほぼほぼ終わり、仕上げ工事にさしかかろうとしています。

 

 

いつも天井を張らないので天井がフラットなボード処理がしてあるとちょっと違和感を覚えます。

天井高は2,150mm。
低いと感じるかはあなた次第(笑)
奥の開口部はリノベ前は室内部分だった場所を削って坪庭としたところ。
室内へ明るさと風の抜けを与えてくれます。
こちらも室内部分を削ってテラスとした場所へ通じる開口部。
テラスには天井があるので半屋外空間となります。居間に面しているので気持ちがいい空間になるはずです。
直射日光にさらされないところがまたいい。
2階(小屋裏)もボード処理が進んでいます。天井がかなり低いですが子供室としては十分です。
この現場は3月末の竣工を目指して工務店さんが大工さんを増員して頑張ってくださっています。
春先の気持ちのいい季節に引っ越しして新生活。実現できるようにもうひと踏ん張りです。
鳥山のリノベ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

久々のストーンワーク

今日は日差しも暖かく、珍しく風もないのでずっと気になっていたスタジオ庭の石組を直しました。

 

 

自邸ダイニングのメイン開口部から見えるこの石組。左側は石が立っているにに対して右側はねています。

 

 

植栽を入れる時に土砂の流出防止のため、急ごしらえで石を敷いたのですが、そのままになっていました。奥の石組は落ち着いてから組んだものなのでちゃんと立っています。

メインの開口部から毎日見る景色なのでずっと「モヤモヤ」していったのですが、下草変わりとして植えたイチゴも茂っており、やり直しとなるとそれらも犠牲になってしまうので躊躇していたのですが、「モヤモヤ」には勝てず、実行です。

 

時間にして2時間ちょっと。実生で生えてきていた紅葉やイチゴの移植もしているので、石組自体にかかった時間はもう少し短いかもしれませんが、なんとか終了。

 

 

ちょっとわかりにくいですが・・・

 

 

このアングルならわかるでしょうか?

 

 

直し前がこんな感じ。

 

石の背後に土も新たに入れてあるので植栽ができるスペースができてしまい、空間が気になるというおまけつきです。

 

これから暖かくなるにつれてイチゴの新芽が出てきます。新しいランナーも出して空間を埋めていってくれるでしょう。

また移植した紅葉も大きくなってくれれば空間は気にならなくなるかと思うので、また時間を纏うのを楽しみにしたいと思います。

 

いやはや、予想以上に暖かかったのでかなり汗をかきました。

そして腰が死亡寸前です。庭仕事ってこんなに腰にしんどかったっけ?

何事も継続です。怠けるとダメですね。

くらしの風景 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -